Gateway to Asia

武州製薬の「Gateway to Asia」は、日本やアジア全域で医薬品を発売したいというお客様をサポートします。

武州製薬をアジアハブとして利用することで、グローバルの製薬会社が製剤バルクを日本に輸入し、品質検査、最終包装後、日本やアジア諸国への流通が可能になります。このサービスにより、各医薬品メーカーは自身のコアビジネスに集中し、複数の市場でリードタイム短縮、温度管理、セキュリティ、在庫、包装、緊急注文の煩雑なプロセスの負担を軽減するサービスを受けられます。

当社のサービスは、受注から出荷までのリードタイムの短縮、財務および物流フロー、アジア市場の在庫管理の監督、需要予測のレビュー、およびGMPの専門知識に基づく計画および運用を提供します。

受託製造専門会社ならではの豊富な経験、蓄積された ノウハウを活かし、
製剤から医薬品や医療機器の製造まで ご要望に合わせて支援いたします。