高薬理活性製剤

高薬理活性製剤専用棟で治験薬から医薬品まで国内および国外向けに製造します。

当社の製造環境では、有害性評価、暴露評価、厳格な残留薬物管理の実施を行っています。

環境を監視し、作業員への暴露を測定して封じ込めを検証します。 OEL (職業曝露限界) は、原則 0.1〜1(μg/m) です。 OEB (職業暴露帯域) は、OEB4 および/または レベル5であり、ホルモン製品の生産スケールは主に5~15kgです。剤型は、顆粒剤、素錠、コーティング錠です。

Stock3

武州製薬は、OEB5レベル製品、OEB4レベル製品、およびホルモン製品の高薬理活性剤を製造しています。


武州製薬の高薬理活性製剤

HighDosageGraphicJP

生産体制

  • 守秘義務
  • グローブボックス
  • フレキシブルエンクロージャー
  • アイソリューションフラップ
  • 局所排気/換気システム

製造エリア

  • 換気システム
  • 監視システム
  • ミストシャワー
  • 徹底的な真空システム
  • 徹底的な精製水システム

ポリシー

  • 他社との同時生産は行いません
  • 清潔な環境を保証
  • 専門性のある設備機器
  • 生産及びそれに付随する場所でのシステム化された洗浄手順
  • 混入異物の監視
  • 曝露/漏出のモニタリング
  • 設備及び衣服の廃棄の徹底

受託製造専門会社ならではの豊富な経験、蓄積された ノウハウを活かし、
製剤から医薬品や医療機器の製造まで ご要望に合わせて支援いたします。