加須パッケージングセンター

加須パッケージングセンターは、治験薬の包装および希少疾病用医薬品向けの検査、表示、2次包装、保管の受託製造サービスを提供します。また、メーカー物流センター機能を兼ね備えてスマートかつ迅速な生産・流通サービスも提供します。

加須パッケージングセンターは、包装室、室温保管エリア、冷蔵保管エリアを有する武州製薬の第3の拠点です。治験薬の包装およびバイオ医薬品をはじめとするスペシャリティ医薬品の検査、表示、2次包装、保管(室温と冷蔵保管)の受託製造サービスを提供します。更に、このパッケージングセンターはスズケン(株)の子会社、中央運輸(株)*の加須医薬品共同物流センター内に設立したことにより、メーカー物流センター機能も兼ね備えてスマートかつ迅速な生産・流通サービスの提供が可能です。

*日本の医薬品卸売業界では唯一、医療に特化した流通プラットホームを持つ企業グループでスズケングループの一員

施設案内

能力
冷蔵倉庫(2~8℃):634パレット
室温倉庫(1~30℃):648パレット

包装・保管

二次包装エリアの大部分には可動式装置による半自動作業を採用し、受託する様々な製品構成に応じ、柔軟に対応することに主眼をおいて設計されています。

治験薬包装

割付、ラベリング、二重盲検など、様々な治験薬包装に応えることが可能です。

特に1階包装エリアは、2~8℃ 環境での作業が可能なエリアを2室準備しており、温度に不安定な製品、温度保証データが確保できていない新規開発品などへも柔軟に対応いたします。

更に特筆すべきは、中央運輸(株)の医薬品共同物流センター内に設置されていることから、緊急の出荷要請にも柔軟に対応します。

受託製造専門会社ならではの豊富な経験、蓄積された ノウハウを活かし、
製剤から医薬品や医療機器の製造まで ご要望に合わせて支援いたします。